幼児から学生

昨今、子供にとって「ピアノ教育」は情操教育としてだけではなく、

知能や精神の発達に多大な影響を得ることできると注目されています。

《 幼児から学生 》
一般的に使う教材は吟味して選んだものを使用しています。(ご指定の教科書にも対応できます)
特に子供ならではの個性をのばすように工夫した指導を心がけ、教材の単一化はせず、個人に合った教科書を選びます。成長期のお子さんは興味を持ったことに対しては非常に吸収力がありますが、反面、出来ない事、すぐに理解しにくいことに関しては反応が鈍いものです。個人教授の特性を生かし、一人ひとりの興味を広げ、また新しい物への好奇心を引き出すレッスンをしています。
また、小学校高学年から中学生・高校生になると「弾いてみたい!」という曲も出てきますのでできるだけそれに近づけるようにレッスンをします。毎週のレッスンにきちんとした準備をできる方には練習曲、バロック、古典の曲をしっかりと勉強しながら色々な時代の曲に挑戦します。一方で、発表会などの目標に合わせ、年1、2曲をマスターしていっても5年で5~10曲のレパートリーを持つことができる!という考え方で練習している生徒さんもいます。

 基礎は大切!!
これまでもたくさん他の音楽教室でレッスンを受けた方が当教室に移動していらっしゃることがありました。残念ながら、「基礎」の指導をきちんと受けてこなかったレッスン生を多く見受けます。指導講師の先生が学生のときにピアノを専攻(ピアノ科)していらっしゃらない場合や経験不足の場合が該当しているような気がします。せっかく習うのならば、年齢に合った手首、指の使い方、音楽のいろはを知ってほしいと考えています。
ピアノ、ソルフェージュ、リトミック、音楽理論の専門教育を小学校から受講していた講師ならでは、あの手この手で皆さん一人ひとりにあったレッスンをしています。
音楽の楽しみ方は人それぞれ。色々な方法を相談しながら、楽しく学んでいきたいと思います。

黒川音楽教室が選ばれる理由(更新工事中です)
八王子市内、横山地区、めじろ台・・・音楽教室は至るところにたくさん存在しています。
ホームページの対策もそれほどせず、チラシの配布もしないし看板も小さい、お月謝は近隣の「格安教室」とは違いごく平均的です。
しかし、何故、地区で一番生徒さんが多いのでしょうか?!

まず、「ホームページ対策」を必死でしなくても口コミで集まった生徒さんがたくさんいらっしゃること。
ご縁のあった生徒さんの保護者は教育熱心な方々ばかりで、継続性のある指導を行えていること。
生徒さんのなかには要領もよく、次々と課題をこなすお子さんもいます。
一方で、一つ一つ噛み締めるようにゆっくりと進歩するお子さんもいます。
「本当にこれでいいの?」「意味がなのでは?」「才能がないらしい・・・」などと早期に判断しないでください。
子供はびっくりするほどいきなり開花するのです。
保護者の我慢(笑)の結果、社会や地域に貢献するお子さんをたくさんみてきました。
もちろん、進学先、就職先が人の全てではありませんが、当教室に在籍された生徒さんは
今や私が尊敬さえする立派な進路に進まれている方が数多くいます。
不思議と教室に長く在籍した方ほど、そのような傾向があります。

昨今、子供にとってピアノ教育は情操教育としてだけではなく知能や精神の発達に多大な影響を得ることが注目されています。
そこで、私自身が「子供の発達」について放送大学に入学し、更に理解を深めました。
ですから「ピアノはいいらしい!」というそのことの『意味』を常に意識したレッスンを行っています。

お月謝は大手楽器の音楽教室や提携教室とは違い入会金は不要。
お月謝はレッスン時間が30分の場合・・・
『幼児と小学生』『中学生以上』の二つの区分のみ。グレード試験でお月謝を値上げすることはありません。

大学在学中からレッスン・プロ(フェッショナル)として途切れることなくレッスンを続けてきているので経験値はNo.1
最大手楽器メーカーの八王子店社員さんも「黒川音楽教室」をご存知だとか!!
それだけ地域に密着し、注目される音楽教室になったのだと思います。

ご家庭によって様々な受験期(小学校受験、中学受験、高校受験、大学受験)においても考え方はまちまちです。
その受験期をたくさんの生徒さんと過ごした経験も次の世代にお伝えできます。



 
《 発表会 》
発表会は年に一度開催しています。参加は希望者のみとなっています。
色々なジャンルの曲をそれぞれが精一杯演奏します。
表会参加費はレッスン料とは別途頂いています。
参加者も幼児から成人・シニアクラスまでと幅広く、童謡からクラシック、ジャズ系など色々な演奏を聴くことができます。
 
 
HOME に戻る
Comments